菓子

  • 小城羊羹

    (地域:小城市)
    ほどよい甘さとつややかな風味は昔と変わることなく受け継がれています。
    豊臣秀吉に献上したのが始まりといわれており、その後日清戦争の際に戦地に送られても風味を損なうことがなかったと、一躍全国的に有名になりました。
  • 松露饅頭

    (地域:唐津市)
    松露の形にそっくりな小さなお饅頭です。極薄の皮の中に紫色をした品のいい甘さのこし餡がぎっしりつまっており、全国にファンが多い名品です。
    文禄・慶長の役後、高麗から伝わった焼き饅頭が原型といわれています。
  • 白玉饅頭

    (地域:佐賀市 他)
    一口大の大きさで、甘すぎず飽きのこない味のロングセラーの蒸し饅頭です。
    神功皇后が「かくのごとく色あくまでも白く、はだ玉のごとき子どもほしまし」と申され、「白玉」と名付けられたといわれています。
  • 丸ぼうろ

    (地域:佐賀市 他)
    砂糖、卵、小麦粉を使いふっくらと焼きあげた、甘さをおさえた佐賀のおみやげにかかすことができないこだわりの焼き菓子です。
    南蛮菓子としてオランダから伝来し、本来は船員の常備食だったといわれています。
  • あめがた

    (地域:佐賀市)
    水飴を煮詰めて何度も引き伸ばし、白くなったものを更に長方形に薄く切った独創的な飴です。
  • 逸口香

    (地域:佐賀市 他)
    黒砂糖あんを、ショウガの香りを加えた皮で包み、天火で焼きあげた中身が空洞の珍しいお菓子です。溶けた黒砂糖の素朴な甘みとゴマの風味の香ばしい皮の美味しさが、お茶受けにも好評です。
  • ゆり菓子

    (地域:佐賀市)
    山ゆりの根を原料としたお菓子です。ほのかにゆりの香りがし、とろけるような口あたりが特徴です。お湯に溶かして「くず湯風」に味わう楽しみ方もあり、また違った美味しさが楽しめます。
  • 綾部のぼたもち

    (地域:みやき町)
    もちに小豆の餡を塗したもので、ほどよい甘さが講評です。昔から「家内安全」御利益があるといわれ、縁起の良い名物です。
  • けいらん

    (地域:唐津市)
    地元のウルチ米のウス引き粉を蒸してつき、さらにそれを伸ばし小豆のこしあんを中に巻いた、あっさりとした甘さが好評です。
    「けえらん」とも言われ、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、戦勝祈願のため兵士達に作らせたのが始まりとも言われています。