• ● 佐賀のり(地域:川副町 他)

    佐賀のり

    有明海の天然の恵みをいっぱいに受けた全国でも最高の品質を誇る佐賀のりは、とろけるような甘みに特徴があり、つややかな黒褐色で、あぶると見事な緑色に変わります。

  • ● 有明海特産物(地域:有明海沿岸)

    有明海特産物

    ムツゴロウの蒲焼き、ワラスボの干物、モガイの煮付け、ウミタケの粕漬け、アミツケ(アミの塩辛)、アゲマキのつけ焼き、かにしゅうまい。どれも酒の肴、御飯の友にピッタリの見てびっくり、その美味しさにまたびっくりの珍味です。

  • ● 玄海特産物(地域:唐津市 他)

    玄海特産物

    江戸時代から一大捕鯨基地だった呼子町でつくられる、国の内外で数々の賞を受けた高級珍味「くじらの軟骨粕漬け」で有名な「松浦漬」。鯨のかぶら骨(頭の軟骨)の独特の歯ざわりが堪能できます。また玄海の荒磯でとれた「ウニの瓶詰」、いかやたこの塩分控えめの「しおから」などもあり、海の幸に恵まれた地域だけにどれも新鮮な魚介類から作られています。

  • ● ガンツケ(地域:有明海沿岸)

    ガンツケ

    シオマネキを漬けた塩辛のことをいいます。生きたカニを丸ごと臼で砕いて塩と唐辛子をかき混ぜて作ってありピリリと辛いので豆腐にのせたり、たきたての御飯にもピッタリです。

  • ● いかしゅうまい(地域:唐津市(旧呼子町))

    いかしゅうまい

    新鮮なイカのすり身をたっぷり使い、上品な味にしあがった呼子ならではのアイデア商品です。お土産用の箱詰めも大人気です。

  • ● 神埼そうめん(地域:神埼市(旧神埼町))

    神埼そうめん

    清らかな水と小麦粉でできたシコシコした歯ざわりとなめらかな舌ざわりは抜群です。
    約360年前に一人の雲水がこの地で倒れ、看病のお礼にと教えたのが手延べそうめんの製法といわれています。